MENU

アメリカ南部の定番デザート!誰でもかんたん♪バナナプディングの作り方

目次

バナナプディングとは?

プリンとは違う?

プディング(pudding)といえば、
日本では「プリン」を想像する人が多いでしょう。

アメリカのプディングは、
卵をベースにしたカスタードやムースで作られたデザートを呼びます。

日本のプリンに似てはいるけど、
やや違った食感・見た目のデザート
です。

ちなみに日本人のイメージするプリンは、
アメリカや海外では

「フラン(flan)」

とよばれることが多いです。

海外でプディングと書いてあるものを注文すると、
もしかすると予想外の形状の食べ物が出てくるかもしれません。

YouMe
YouMe

海外のプディングには、
蒸しパンやケーキのようなもの、
豚の血で作られたソーセージ
なども
含まれるそうです…

つまり、アメリカのバナナプディングは、

バナナプリンではありません!

アメリカ南部の伝統的な定番デザート

バナナプディングは、
アメリカ南部の伝統的な定番のデザートです。

アメリカノースカロライナでは、
バーベキューやさんや、南部料理の店などに行くと、
よくデザートメニューにのっています。

地元のアイスクリーム屋さんへ行くと、
バナナプティング味のアイスクリームがあったりもします。

アメリカでは家庭のおやつや、
イベントやパーティーのデザートとしてよく食べられているそう。

アメリカ人にとってバナナプディングは、
小さい頃から食べ慣れた
なつかしい味
でもあるそうです。

小さい頃からよく食べていた
大好きな味!
アイスの一番好きな味も
もちろんバナナプディング!

アメリカ南部の伝統的な定番デザートである

バナナプディングは、
バナナとカスタードクリーム、ビスケットで作られるのが一般的です。

レシピによっては、
生クリームやクリームチーズなどを加えるものもありますが、

今日は、一番伝統的でかんたんなレシピをご紹介

材料

<材料 −JELL-O使用する場合−>

  • バナナ 5本程度
    (スライスする)
  • ビスケット
    (アメリカなら、Nilla wafers、日本ならマリービスケットなど
    甘みが抑えられた素朴なものがあう)
  • JELL-O(Vanilla)
  • 牛乳 2cups(約470ml)
    ※アメリカと日本の1カップの量は違う
YouMe
YouMe

JELL-Oは日本では
なかなか手に入らないので
カスタードクリームミックスを使用したり
自分で作ったりするとよいでしょう。

YouMe
YouMe

今回は
Nilla wafersという
アメリカのビスケットを使用♪

<材料 −JELL-Oを使用しない場合−>
(参照:Nilla wafers original recipe)

  • バナナ 5本程度
    (スライスする)
  • ビスケット
  • 砂糖  1/2 cup
    (メレンゲ作る場合は追加で1/4 cup)
  • 卵 3つ
    (卵白・卵黄と分ける)
  • 小麦粉 1/3 cup
  • 牛乳 2cup
  • バニラエッセンス 小さじ1/2
    (最後に焼く場合は、オイルの方がおすすめ)
  • 塩 少々

※残った卵白に砂糖を加えて、メレンゲを作って焼くのもおすすめ♪
 詳しくは、アレンジのところに!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アメリカノースカロライナ(NC)在住の
30代新米ママ&駐在妻

渡米経験なし!はじめての海外生活
+運転&英語は自信なし…
+ちょっと人見知り

それでも、なんとかアメリカ生活中!

いろいろなことが手探りで、
わくわくもあったけど、
不安もいっぱいだった。

はじめての妊娠・出産を経験!?
アメリカで初の子育てに奮闘中☆

自身の経験をもとに
アメリカ生活の情報や知恵、
日本でも使える生活のお役立ち情報をまとめています♪

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる