【アメリカ 出産準備】夫婦で両親学級に参加☆リアルな体験談

はじめてのアメリカでの出産

英語が自信のない私たちにとっては、
日本ではなく、アメリカでの出産は不安がいっぱい

夫婦で、アメリカの出産に備えて、
両親学級(マタニティクラス)を受講してきました!

目次

アメリカの両親学級・母親学級・マタニティクラスとは?

日本では、
妊娠中・出産前に
新米ママ・パパさん向けに、
各自治体やオムツメーカー、
ベビーグッズ販売店などの
民間企業が実施している
両親学級母親学級マタニティクラス

 

アメリカでも、
日本と同じように

新米ママ・パパ向けに両親学級があります。

 

アメリカでは、病院が主催していることが多く、

「Birth & Family Education Class 」
「Pregnancy & Childbirth Class」
「Childbirth Class」
「Childbirth Preparation Class」

などと呼ばれています。
(実施場所によって名称は違う)

 

1日完結型のコース、週末開催型、週1で数回実施のコースなどがあります。

オンラインで実施されているものもあれば、対面式のものも。

地域よっては、日本語で受講できるところもあるそう。

  

日本は無料で実施しているところが多いですが、
アメリカの多くは有料です。

私が参加した病院の両親学級は、
土日の週末開催のコースで、
4時間×2日間
カップルあたり$110でした。
(週末1日で8時間勉強するコースも同額)

 

両親学級や母親学級、マタニティクラスは、
妊娠中の生活、必要な栄養素や食事などの注意事項、
お産の流れ、赤ちゃんのお世話の方法など、

妊娠・出産の具体的な知識について、
医師、助産師、栄養士などの専門スタッフから学ぶことができる貴重な機会

 

妊娠週数が近い妊婦さん同士が集まるので、
同じ悩みや不安を抱えた妊婦さん同士、
こういったクラスをきっかけに仲良くなることもあるでしょう。

ネットや本だけではわかりにくい情報を、
写真・動画や実技などを通して
体系的に学ぶことができるので、
はじめての妊娠・出産で不安が多い
初妊婦、初マタ
新米ママ・パパにはおすすめの場です。

 

ちなみにアメリカでは両親学級に
夫婦(もしくはカップル)で参加する

のが一般的です。

今回私が参加したクラスでは、
ほとんど夫婦で参加している人が多く
(一組は親子)
妊婦友達をつくる♪という感じでは
ありませんでしたが、
とても勉強になりました!

YouMe
YouMe

二人で行う実技などが

あることもあるので、

予定を合わせて二人で

参加することをおすすめします!

両親学級の主な内容

私が参加した両親学級は、

妊娠〜出産までの総合的な知識が得られるクラス

妊娠中の注意事項、陣痛と出産の体位、陣痛の段階と注意点、陣痛の時間の測り方などを学べました

<1日目>

  • 妊娠・出産のチーム&ドゥーラの紹介
  • 現在の病院のコロナポリシー
  • 妊娠中の体の状態/変化/注意点
  • バースプラン
  • 院内ツアー(今回はコロナで写真のみ)
  • 大まかな陣痛と分娩の進み方

<2日目>

  • 陣痛・分娩のステージごとの注意点/サポートの仕方
  • 陣痛時の呼吸法/リラックス法
  • 陣痛時・出産時の体位/マッサージ方法
  • 無痛分娩
  • 帝王切開
  • 出産直後の赤ちゃんの様子/処置

申込み方法・注意点

各病院などの実施場所によって
申込み方法は違う場合もありますが、
多くの場合はインターネットからの申込みです。

私は、病院の公式ホームページから申込みをしました。

申込みは、
妊娠がわかったら早めに予約することを
おすすめします。

人気のコースは、
すぐに埋まってしまうこともあるからです。

YouMe
YouMe

6月末に病院で妊娠が確定し

7月に調べたときにはすでに

予約いっぱいのコースがたくさん…
 

8月頃に
11月の週末コースの空きが1つでて
少し遠くの病院を予約しました。

YouMe
YouMe

オンラインクラスは、
少し余裕がありましたが、

対面式のクラスは、
コロナの影響で

人数制限が厳しいのかも
少し前に出産した方は
オンラインのみしかなかった
という人も。

YouMe
YouMe

追加で他の教室を申込みたいと

11月に見たら、

やはりほとんどSold Out…

実際に受講するのは、
日本の安定期の頃、アメリカのSecond Trimesterの後半〜Third Trimesterに入る前がおすすめです。

  • 妊娠がわかったら、早めに両親学級を調べて申し込むのがおすすめ!
  • 受講は、日本で言う安定期、アメリカで言うとSecond Trimesterの後半〜Third Trimesterに入る前がおすすめ!

持ち物・もらったもの

<持ってくるよう指示のあったもの>

  • マスク(忘れた人には予備あり)
  • 床に敷くマットやタオル
  • 複数の枕
  • 動きやすい快適な服
  • 筆記用具(貸出もあり)
  • 自分たちの食べ物や飲み物

<指示はなかったけど持っていくとよいもの>

  • カーディガンなどの上着やひざ掛け
    (温度調節ができるもの)
  • ノートやメモ帳
    (テキストに書き込んでもいいけど、あると自由にメモできて便利)

<両親学級で準備されていたもの>

  • 資料・テキスト
  • 風船とピンポン玉(陣痛の説明で使用)
  • サニタイザー
  • 予備のマスク
  • 筆記用具
  • 名札

床にマットを敷いて、
陣痛のときのリラックス法や体位のこつ、マッサージ方法などの実技がありました。

持ってくるものには、
「a couple of pillows」「towel or mat to sit /lay on」と書いてありました。

多くの方が、ヨガマットやキャンプなどで下に敷くようなマットと、

わりと大きめの枕を2つを持ってきていました。

YouMe
YouMe

床に座るときのクッションが

必要なのかと持っていったら

本当の枕のほうがよかったです…

 

病院にたくさんある枕を

活用する方法を
教えてもらいました!

※受ける両親学級のコースや病院によっても必要なものは違うので、必ずご自身でも持ち物などはご確認ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アメリカノースカロライナ(NC)在住の
30代新米ママ&駐在妻

渡米経験なし!はじめての海外生活
+運転&英語は自信なし…
+ちょっと人見知り

それでも、なんとかアメリカ生活中!

いろいろなことが手探りで、
わくわくもあったけど、
不安もいっぱいだった。

はじめての妊娠・出産を経験!?
アメリカで初の子育てに奮闘中☆

自身の経験をもとに
アメリカ生活の情報や知恵、
日本でも使える生活のお役立ち情報をまとめています♪

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる