【海外赴任準備】海外引越し前に処分したもの・倉庫に入れたもの・実家へ送ったもの リスト

アメリカ生活

「はじめての海外赴任!荷物は全部持っていく?捨てる?日本に残していく?」

海外へ引っ越しをするとき、荷物を、①手荷物、②航空便、③船便と仕分けをする以外にも、場合によっては倉庫に入れたり実家に送ったり日本に残していくものもあるでしょう。

また、不要なものを処分したり、必要なものをそろえたり・・・ということも必要になります。

今回は、夫婦二人で渡米したときに、実際に処分したものや倉庫(トランクルーム)に置くことにしたもの実家に送ったものなどの例をもとに、海外引越の荷物の選定についてご紹介します。

☆はじめに☆ 海外引越の荷物選定の極意

会社の規定で、荷物を

倉庫に入れたり、実家に送ったりもできるけど、

何を日本に残していこうかな

それとも、今あるものは

全部持っていったほうがいいかな?

YouMe
YouMe

引っ越し業者に見積もりをしてもらって
容量内で持っていけるのなら、
全部持って行ってもよいのかもしれません。

ただ、家具など大きなものは
アメリカの生活スタイルに合わないものもある
ので

お気に入りのもの以外は、
現地で購入orレンタルでよい
と思います

実際に私たち夫婦の荷物の選定について
ご紹介するので、参考にしてみてください。

赴任先での生活をイメージする

海外赴任は、どのような地域に行くのでしょうか?

どんな生活がしたいですか?

海外赴任は、何年の予定ですか?

アメリカに行くとしても、ニューヨークなどの都会の州へ行くのと、田舎の州へ行くのとでは、住む家の大きさも生活スタイルも違います。また、アメリカは広く気候も州によって違うので、必要となるものも違います

個人的にアメリカの引っ越しを経験して感じたことは・・・

・アメリカには、アメリカに合った生活がある!
・引越しは断捨離のチャンス!
・不要なものは、日本で処分していくほうがよい!

(アメリカはゴミを捨てるのが無料だからという言葉にそそのかされて、たくさん送ると後悔することも)
・赴任の年数や家電の使用年数によって、残すか処分かを選択する!

アメリカでは、大型家電(洗濯機・冷蔵庫・食洗器・電子レンジ・オーブン)はついている家がほとんどなので、不要です。家具に関しても、日本のサイズのものはアメリカの暮らしに合わないこともあります。

倉庫に家具や家電を置いておこうと思う場合、帰国予定まで何年かわからない状況であれば、帰国後に新しいものを購入したほうがよいかもしれません。

逆に1年など、短い赴任であれば、すべて倉庫などに残しておくという選択のほうがよいかもしれません。

YouMe
YouMe

家具は、お気に入りのもの以外は、
現地でそろえたほうが過ごしやすい
でしょう。

船便が到着するまで、ずっと
家具のない生活も不便ですし。

赴任年数が短い場合は、
現地でレンタル家具をかりる
or
家具付き物件を探す

という手もあります

アメリカでどんな生活をするのか、したいかは、人によって、地域によって様々なので、イメージをしてから荷物の選定をすることがとても大事です。

引っ越し業者に見積もり・確認

実際に荷物の選定がすんだら、次は、引っ越し業者に見積もりの依頼です。

見積もりをしてもらって、実際に送りたいものが送れるのかどうか確認しましょう

残念ながら規定量をオーバーになりそうであれば、持っていきたかったものも処分をしたり、倉庫に入れたり、実家などへ送ったりするものに変更しなくてはならないでしょう。

それでは、


2020年6月に渡米したわが家の

実際に処分したもの・日本に残していくもの(倉庫に入れたもの・実家に送ったもの)を見てみましょう!

引っ越しを機会に Let’s 断捨離!

~日本で実際に処分したもの~
  • 着なくなった服
  • 不要になった本
  • はいていないor古くなった靴
  • 昔の書類
  • 古くなったパソコン
  • 昔使っていた携帯電話
  • 植物(海外引越でもっていけません)
  • ガスコンロ
  • オーブンレンジ
  • エスプレッソマシン
  • 食器洗い乾燥機
  • こたつ
  • ソファ
  • 使っていない食器
  • 調理器具
  • スキャナ
  • 古いエアコン
  • 趣味に合わなくなった小物

古くなったもの・不要なものは 迷わず処分!

YouMe
YouMe

古くなった服やくつ、本など
しばらく使っていないものも
家に眠っているもの・・・

この機会に、自分の家にあるものと向き合って
断捨離しちゃいましょう!

家電は売るか、
処分するか、
倉庫に入れておくか、
どのような基準で決めればいいですか

悩んでいます・・・

YouMe
YouMe

基本的に、家電の寿命は約10年

もちろん、使い方や商品によっては
15年など長く使えるものもあります。

また、使い続けていればいいですが、
長い間倉庫に置いておいたものを
帰国後そのまま使いたいか?
というのも選定の基準
になりますね。

生活スタイルに合わなくなったものは処分!

気付けば、もうすぐ引っ越し・・・

処分したかったものが
できなさそう
です・・・

YouMe
YouMe

アメリカ生活を快適にスタートするには、
日本で断捨離をしてからの渡米がおすすめ

不要なものは、ごみとして出すほか、
不用品業者に連絡して引き取ってもらったり、
フリマアプリで販売したりも手軽に行えます


まだ使えるけど、
生活スタイルに合わなくなっていたものは、
この機会に知人に譲ったり、
フリマアプリで売ったり
しました。

ただ、どうしても処分できなかったもの
そのまま船便でおくってアメリカで処分

ということもできます。

アメリカは、日本と違ってごみの処分に
お金がかからないので、そうしている方もいますよ。

日本へ残していくもの

新しい家電・大事な家具・思い出の品は 倉庫へ

~倉庫(トランクルーム)に置いておくことにしたもの~
  • ダイニングテーブルセット
  • ダイニングテーブル用のラグ(PP素材)
  • ダイニングダストボックス
  • カーテン
  • テレビ
  • テレビ台
  • エアコン
  • 洗濯機
  • 冷蔵庫
  • 昔のアルバム・思い出の品
  • ウェディングドレス
  • 日本で使っていた仕事道具
    (日本での妻の仕事は帯同に伴い休職中のため)
YouMe
YouMe

家電は、使用年数+赴任予定の年数を加えて
10年以上になるものは、処分しました

帰国後にも使いたい家具家電は、
きれいにしてから倉庫に!

倉庫に入れておく家電(エアコン・冷蔵庫・洗濯機)は、
帰国後に気持ちよく使えるように
事前に専門の業者にクリーニングを依頼しました。

実家には最小限の荷物

わが家は、私の趣味の着物のみ!(船便で送るのは心配&日頃の手入れが必要なため)

家電など、もし実家で使ってもらえそうなものがあれば、送ってもよいでしょう。

倉庫に長く眠っているよりは、誰かに使ってもらえていたほうが、ものにとってもいいですよね。

倉庫に預けられない場合は、残しておきたい家具・家電を全て実家へ送ったという知り合いもいました。

YouMe
YouMe

実家などへ送るものは、
できるだけ最小限にしたほうがよいでしょう。

実家がすごい豪邸!という方は別ですが。

☆まとめ☆

・赴任先での生活をイメージしてから、荷物の選定をする
アメリカには、アメリカに合った生活がある
・引越しは断捨離のチャンス!不要なものは、日本で処分がおすすめ

・赴任の年数や家電の使用年数によって、残すか処分かを選択する
・どうしても処分できないものは、船便で送ってアメリカで処分
・倉庫に入れる前は、家具・家電をきれいにしよう
・実家へ送る荷物は最小限にしよう

YouMe
YouMe

不要なものは手放し、
日本に残しておく大事なものは

きれいにして倉庫へ

荷物の選定をしっかり行って、

はじめての海外赴任生活を

スムーズにスタートさせましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました