海外赴任・駐在・留学おすすめ格安SIM!2021年版☆日本の番号を残して渡米したいなら、楽天モバイルがお得!

アメリカ生活

海外赴任が決まって準備をしていく中、色々と悩むことも増えてくるでしょう。

特に携帯に関してはどうするべきか?悩む人も多いはず。

そういえば携帯って、
日本のそのままは使えない?
解約するべき?
電話番号は残しておきたいけど
みんなどうしているんだ?

YouMe
YouMe

人によるかもしれませんが、
私の周りでは日本の電話番号は
残しておきたい人が多い
印象です。
 
今、海外赴任に行く前に
番号を残すために
格安SIMにのりかえるなら!

という視点で、
説明していきますね♪

海外に長期間行く人にとっては、
日本の携帯番号を残しておくかどうか
も悩みどころ。

この記事は、アメリカでの経験をベースにまとめていますが、
今日の紹介する内容は、カナダ・ヨーロッパ・アジア圏など、
アメリカ以外の国への海外赴任・駐在・留学をする人にも
検討する1つの資料
となります。

個人的な意見としては…

安く日本の番号を保管しつつ、
アメリカで快適に携帯を使用したい
のならば

楽天モバイルの格安SIM

アメリカのSIM(h2o WirelessのSIM)

を、おすすめします。

  

2020年4月8日(水)よりサービスが開始され、
最近2021年4月までは1年間プラン料金が無料!
という驚愕のキャンペーンをしていた楽天モバイル

1年間無料キャンペーンは残念ながら終わってしまいましたが、
まだ3か月無料キャンペーンはやっているので、今がお得に入れるチャンス!

でも、Docomo, au, Softbankなどの大手キャリアを使用していた人たちにとっては、
格安SIMにするのって、本当に大丈夫?と思ってしまう人もいるでしょう。

また、格安SIMには抵抗がなくても、
楽天モバイルは比較的最近でてきたサービスのため、
実際のところ
どうなの?という人もいるでしょう。

というわけで今回は、

新プラン「Rakuten UN-LIMIT」

  • どのくらいお得なのか?
  • 大手キャリアや他の格安SIMとの違いは?
  • メリット・デメリットは?
  • どうして海外赴任やアメリカ駐在・留学する人におすすめなのか?

について、詳しく解説していきます。

渡米時の携帯の選択 4つの方法

海外赴任・駐在・留学をする際の携帯・SIMの選択肢としては、
おおきく以下の4つが考えられます。

①日本の格安SIMを購入+アメリカ(海外)のSIMを購入

②日本の大手キャリアなどの電話番号保管サービスを利用+アメリカ(海外)のSIMを購入

③日本の携帯を解約(番号保管なし)+アメリカ(海外)のSIMを購入

④海外対応の日本のSIMを、アメリカ(海外)でもそのまま使用

4つの方法について、さらに詳しく知りたい方はこちら♪

YouMe
YouMe

ちなみに海外赴任・駐在で来る人の分は

会社で携帯が支給されることもあります。

その場合、妻(夫)・子どもの携帯のみ
どうするか考える必要がありますね。

YouMe
YouMe

私は渡米前に色々調べて悩み…
①日本の格安SIM+アメリカのSIMに!
 

渡米前に

ドコモから格安SIMに乗り換え

(日本の電話番号は保持しておきたかった)

日本で契約できるアメリカのSIMの購入
(h2o wirelessのSIM)

をしました。

海外赴任・駐在・留学の間、日本の電話番号が不要な人や
一時帰国は基本的にする予定がない人には、
楽天モバイルを検討する意味はあまりないですが、

できるだけ安く日本の電話番号を保持しておきたい、
一時帰国の際に面倒な手続きをせずに携帯を使用したいという人にとっては

楽天モバイルの新プランは、大いに検討する余地があるでしょう。

Rakuten UN=LIMIT VI プランの概要

  • データ使用料:月間1GBまで 0円
  • Rakuten Linkを使用した国内通話・海外から日本への通話0円 かけ放題*
  • Rakuten Linkを使用した日本・海外でのSMS:0円 使い放題*
  • 日本から海外・海外間通話・SMSはRakuten Link同士:0円 使い放題*
  • 契約事務手数料:0円
  • MNP転出手数料:0円
  • SIM交換手数料・再発行手数料:0円
  • 契約解除料:0円

*海外は指定66の国と地域からのみ対象。その他の地域に関してWi-fi接続中のみ発信可能など条件あり。詳細は、公式HPで。

 

Rakuten UN=LIMIT VIのプランを活用すれば、
毎月のデータ使用料が1GBまでなら使用料無料

Rakuten Linkを使用したら通話も無料

「0円スマホ」が手に入ります。

YouMe
YouMe

アメリカにいる間に
携帯番号保持するために
このプランを契約したとしても
基本はデータ使用料かからないので
毎月の料金は
0円

日本で普通に使用するとしても、基本はWi-fiを活用するなどし、
データ使用料を1GBまで抑えれば、0円なのでかなりお得な格安SIMといえるでしょう。

 

さらに、このプランのすごいところが、
毎月使ったデータ分だけ支払う料金体系のため、
ライトユーザーだけでなく
ヘビーユーザーにもお得な「ベストなワンプラン」になっている
ところです。

  • 1GBまで : 0円/月
  • 3GBまで :  税込1078円 /月
  • 20GBまで : 税込2178円/ 月
  • 20GB~無制限 : 税込3278円/月(最大料金)

どの価格帯も、大手3大キャリアや他社の格安SIMのプランと比べると
かなりお得な「最安クラス」
の料金です。

特に、100GB以上を使用するような超・ヘビーユーザーだとしても、
3278円しかかかりません。

ただし、使用料が1~10GBまでの限定的なライトユーザーにとっては、
ある特定のデータ使用料の範囲内で、データ使用料の料金のみの比較だと、
Rakuten UN-LIMITより安くなる格安SIMもあります
(2021年4月現在)

詳しくは、「楽天モバイル他社との比較」を参考に読んでください。
※記事は後日、UP予定

しかし!

アメリカなどに海外赴任・駐在・留学などする人が、
日本の携帯番号を保持するために楽天モバイルを契約すると…

月々のデータ量は基本0GBになるので、使用料は0円となり、
他の会社と比較してかなり安くお得
となります。

えっ!0円?!

それって、大丈夫なの?

楽天モバイルのメリット

YouMe
YouMe

その人の使い方・考え方によって、
メリット・デメリットは変わってきます。

 
実際にアメリカに住んでる経験をもとに
今回は、特に駐在員・駐在妻・留学生など
アメリカに短期~中期で滞在する人の立場

考えてみました!

  • データ使用料が1GBまで0円!
    日本の携帯番号を0円でそのまま保持できる

  • アメリカでも、データ通信2GBまで使用可能
  • 日本に一時帰国した場合、すぐに使用可能
  • Rakuten Linkアプリで、国内通話0円かけ放題
  • Rakuten Linkアプリで、国内SMS使い放題
  • 日本からアメリカ・アメリカ国内間・アメリカから日本へ
    Rakuten Linkアプリ利用で国際SMS無料

  • アメリカから日本への国際通話は、Rakuten Linkを使用で0円
    日本からアメリカ・アメリカ国内間は、Rakuten Link同士なら0円かけ放題
     
  • 留守番電話・割り込み通話/通話保留のオプション0円
  • 契約事務手数料など、各種事務手数料が0円
    最低利用期間などの契約期間のしばりもなし
  • 新規だけでなく、SIMを紛失・破損しても再発行手数料が0円
  • キャンペーンやアプリの利用に応じて、楽天ポイントがたまる
  • 楽天市場での買い物 SPUのポイント倍率+1%
    (SPU:楽天のスーパーポイントアッププログラム
  • 支払いに楽天ポイントが使用可能
     
  • 今なら、3か月無料キャンペーンで、どれだけ使っても0円!
YouMe
YouMe

アメリカに住む人にとって
日本の携帯番号を0円で
保持できるのは画期的!

 

アメリカでも対応していることを考えると
普段ほとんど携帯を使用しない人なら
メインSIMとして
楽天モバイルを使用するのも
ありかもしれません。
 
ただ、その場合のデメリットも考えられるので、
それはのちほど・・

0円で携帯が使える

楽天モバイル Rakuten UN-LIMITなら、

毎月のデータ使用料が1GBまでなら、0円!

しかも、通話し放題の0円スマホが手に入る!

0円にするための
データ使用料の1GBって
少ないのでは?

2014年の日本のスマホ利用者の大半は、
データ使用料が月1GB未満という調査結果も出ています。

(1GB未満:70.4%、3GB未満:90.6% 参考資料:スマートフォンのデータ通信料と月額料金に関する調査

ただ、この調査結果は少し古いので、現在はSNS, Youtubeなどがさらに広まっているので、もう少し多いかもしれません。

ただ、家やお店などのWi-fi環境では、Wi-fiにつなぐようにすれば、データ使用料はかなり抑えられるでしょう。

海外赴任・留学などの際に、日本国内での電話番号を保有することを目的として、日本の格安SIMを保有する場合は、基本使用データは0GBなので、0円になるでしょう。

国内でも海外でも使用できる

国内だけでなく、海外指定66の国と地域であれば、ネットも電話もSMSも使用ができる!

海外旅行に行く場合にも、指定の国・地域で短期間の利用であれば問題なく使用できるでしょう。

Rakuten Linkで通話が0円

Rakuten Linkを使用することで、国内・海外ともに0円でかけ放題!

通話だけでなく、SMSも0円で使用することができます

ただし、以下の点は注意が必要です。

Raluten Linkを使用しないでかけた電話や送ったSMSは別料金になる

日本から海外、海外から海外への通話は、Raluten Link同士の通話のみ0円です。

日本から海外、海外から海外への通話を多くする場合は、
月額980円の「国際通話かけ放題プラン」に入ったほうがいい
でしょう。

各種手数料が基本0円

契約事務手数料・MNP転出手数料・契約解除料・SIM交換など
各種手数料が0円、契約期間のしばりもないため、
リスクを少なく楽天モバイルをはじめることができます!

留守番電話・割り込み通話/通話保留など、
他社では扱っていなかったり有料だったりする役立つオプションも0円!

(その他のオプションは、有料のものもあります)

楽天ユーザーにはさらにお得

アプリやキャンペーンの利用に応じて、楽天ポイントがたまる!

楽天市場での買い物では、SPU+1%になる!

楽天ユーザー、楽天経済圏の人にとってはさらにお得になります。

ポイントは、料金の支払いに使うこともできます。

今だけ!プラン料金3か月無料キャンペーン

期間限定で、プラン料金3か月無料キャンペーンを行っています。

終了時期は未定なので、早めに申し込むとお得です。

3か月間はどれだけ利用しても無料なので、
海外赴任・駐在・留学の前に、今お使いのSIMから早めに楽天モバイルのSIMに切り替えても、日本でお得に利用することができます。

YouMe
YouMe

海外に行く前は、
情報収集でたくさんデータを
使用することが多いから
3か月間無料は便利かも♪

メリットがいっぱいだけど
デメリットって何かありますか?

楽天モバイルのデメリット

  • 楽天回線の対象エリアが限られている
    (パートナー回線エリアは、高速データは5GB/月まで)

     
  • やや回線が不安定・高層ビル(屋内)ではつながりにくいこともある
     
  • 通話品質は、あまり高くない
     
  • 使用するには、楽天回線対応機種が必要
    持っている携帯が非対応機種(世代)の場合、買い替えが必要

     
  • Raluten Linkを使用せず電話やSMSをした場合、追加で料金が発生する
     
  • アメリカでメインとして使用するには、データ容量が2GBまでと少ない
    Rakuten Link以外の人へ電話をすることが多いと国際通話料金がかかる
     
  • 現在は基本0円の破格プランだが、料金がもし改定・変更になった場合に、
    海外に住んでいる間は、すぐに他社に乗り換えは難しい

楽天回線対象エリアが限られている・回線がやや不安定

現在、エリアは拡大中とのことだが、利用者にきくと、つながりにくいところもあるそうです。

楽天モバイル<br>ユーザーの友人<br>(東京在住)
楽天モバイル
ユーザーの友人
(東京在住)

東京近郊では、
つながりにくい・読み込みが遅い
こともたまにあるけど
そこまでは気にならない。

値段が無料(0円キャンペーン時利用)なので
変えてよかったと思ってるよ。

その他にも口コミなどを見ると、
都心部など、整備が進んでいる場所はそこまで不自由はないようですが、地方や地下街、高層ビルや屋内などでは、不自由を感じることがあるという人もいます。

また、パートナー回線エリアのヘビーユーザーにとっては、高速データは5GBまでのため、使いにくいかもしれません。(5GBを超えると、通信速度最大1Mbpsで使い放題になる)

屋内でつながりにくいや・楽天回線エリア外の問題、自宅に関しては、
Rakuten Casaというルーターを契約・設置することで、通信環境が改善される可能性があります。

屋内に楽天回線エリアを構築して、データ使い放題
あなただけの「小さな4G基地局」Rakuten Casa

日本全国の屋内を楽天回線エリアに

対象のインターネット回線に「Rakuten Casa」を接続することで、屋内に楽天回線を構築します。これにより、電波環境の悪い屋内や楽天回線エリア外でも、楽天回線をご利用いただけます。

Rakuten Casa 楽天カーサ https://network.mobile.rakuten.co.jp/area/rakuten-casa/?a8=3k7Hqk8V-OTi51uzA5pa1BaHDOKjpJ7TD5pko1TH_46V-O7kvJ0Qp1pVzJclfl0zv4g1TD7O9k7HFs00000015198001

Rakuten Casaは、契約時に事務手数料が3000円(税込)かかりますが、設置完了確認後、3000円相当の楽天ポイントが還元されるらしいので、実質0円で設置することができます

パートナー回線エリアや家以外の会社や建物などでも、
基地局の増設やルーターの導入が進めば、
今後つながりやすさの問題は少しずつ改善されていくことが期待されています。

障害物に遮られずに、屋内でもつながりやすい周波数の「プラチナバンド」の割り当てに関しても、楽天モバイルは国に対して要望している最中なので、プラチナバンドの再配分がすすむと、屋内でもつながりやすくなるかもしれません。

<参考資料:携帯3社のプラチナバンド再配分は22年秋に開始をー楽天モバイルが主張

Rakuten Linkが必須!通話品質はあまり高くない

Rakuten Linkアプリを使用しない場合、通話料金やSMSの使用料が別にかかります。

慣れるまでは、アプリを使用することに少し抵抗がある人もいるかもしれませんが、
慣れてしまえばLINEが普及したのと同じように、とくに問題なく使用できるようになるでしょう。

通話の品質については、あまりよくない、音声にラグがあったり雑音が混じったりすることもあると感じる人もいるようです。

通話できないほどではないようですが、通話に関しては気になる人もいるかもしれません。

楽天回線対応の機種が必要

お持ちのスマホが使えるか、公式HPで確認してみましょう。

もし対象でなければ、新たに購入する必要があります。

しかし、今は製品+プランセット購入で、最大25,000ポイント還元キャンペーンがやっているため、機種も安くお得にゲットすることができます。

お得なスマホ製品を選べば、実質0円や5,800円で購入することもできます。

【例①Rakuten Hand 価格20,000円(税込)-24,999ポイント還元=実質0円(さらに4999円分お得)】
【例②OPPOA73 価格30,800円(税込)ー25,000ポイント還元=実質5,800円】

YouMe
YouMe

実質0円で新しい製品をゲットできるなんて!
ただし、キャンペーンは
いつ終了になるかわからない
ので、
早めに申し込みしたほうがいい
かも。

Rakuten Handのキャンペーンも
2021年1月7日~終了日未定となっているよ。

アメリカ生活でメインで使用するには△

楽天モバイルは、アメリカをはじめ、海外指定66の国と地域でも使用することができます。

Rakuten Linkを使用すれば、
アメリカ国内でのSMSも無料なので、楽天モバイルだけでもアメリカ生活は可能かもしれません。

YouMe
YouMe

アメリカでは、SMSをよく使用します。

人によるとは思いますが、
私はほとんど、LINEかSMSで足りているため、
電話はあまり使用していません。

ただし、アメリカでメインに使用するには、以下の点で、やや不安が残るかもしれません。

  • データ通信は、最大月2GBまでしか使用できない
     
  • アメリカで電話をかけるのは、Rakuten Link同士以外はお金がかかる
    (Rakuten Linkの使用者は、アメリカ国内ではまれ)
     
     
  • 実際にアメリカで使用している実例がほとんどないので、
    メインで使用するうえでの通信状況・使いやすさなどは、はっきりと言えない

データ容量に関しては、普段ほとんどデータ通信を使用していない人や、
基本家のWi-fiを使用する人なら問題はないかもしれません。

しかし、私はアメリカ生活での利便性から、
楽天モバイル+アメリカのSIMがいいと考えています

詳しくは、「渡米時の携帯の選択4つの方法」の記事(後日UP予定)をご覧ください。

今は、LINEモバイルのSIM(2GB月額1210円のプラン※現在は新規受付は停止)と
アメリカで使用できる、h2o WirelessのSIMを契約しています。

渡米前に調べた中ではLINEモバイルが最安でしたが、
現在は楽天モバイルの1GBまで0円が最安
なので、

次回の一時帰国時には、
LINEモバイル⇒楽天モバイルに変更しようかと考えています。

 

楽天モバイルをメインにしようか悩んでいるけど不安な人は、

楽天モバイルを0円で所有+アメリカのSIMを契約

アメリカで楽天モバイルで使用してみて問題がなければ、アメリカのSIMを解約

でもいいかもしれません。
(私も大丈夫であればそうするかも?)

YouMe
YouMe

海外赴任・駐在・留学などで
渡米する人にとっては

日本のSIMはあまり使用しないもの。
日本での便利さより
料金を第一に考えるのが
かしこい選択!

回線の問題は、一時帰国した際には
少しよくなっているかもしれませんよ♪

まとめ・結論☆楽天モバイルにするべきか?

  • 駐在・留学などでアメリカに住むなら、日本のSIMは価格を第一に考えるべし!
    楽天モバイルへの乗り換えは検討の価値あり!
     
  • 楽天モバイルは、1GBまで利用無料の最強格安SIM!
    年間で考えるとかなりの節約!
     
  • 国内通話・国際通話・SMSすべて0円!
    (Raluten Linkを使用した場合/国際通話はRaluten Link同士のみ0円)

     
  • 大手キャリアの電話番号保管サービスは有料だが、
    アメリカにいても楽天モバイルなら無料で日本の番号を保持できる!

     
  • 契約事務手数料・MNP転出手数料・契約解除料などが0円のため、リスクが少ない!
      
  • 楽天ユーザーなら、ポイントもたまるし、SPU+1倍で買い物もお得になる♪
     
  • 今申し込むと「プラン料金3か月無料キャンペーン」で、3か月間はどれだけ使っても、利用料は0円+各種手数料0円だから、とりあえず試してみるのもあり!

アメリカにいる間に
日本の電話番号を
0円で保持できる
なんて!
 
日本へ一時帰国したときに
すぐ使える
のもいいですね!

YouMe
YouMe

私も日本に一時帰国したときに
このお得なプランに変更予定!
 

携帯料金は家計の中でも
大きな節約ポイント
ですよ♪

メインのSIMとしては
少し不安な部分もあるけど…
0円だし、サブで試してみてから
決めてもいいかも

※2021年4月現在、アメリカ在住の主婦が調査し、経験に基づいてまとめたものです。各社のプラン・料金・キャンペーン・各種情報は随時変更になっている可能性があります。実際に契約する際は、ご自身で公式HPや店舗などで再度ご確認の上、申し込むことをおすすめします。

※公式HPや知り合いから聞いた情報などをもとにし、記載しております。実際の使用感などは地域や人によっても変わる可能性がありますことをお含みおきください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました